フリーエンジニアの転職目的とやるべき事

エンジニアとして会社員からフリーランスに転職する場合の目標は、人により違うはずだが、二つに大別して考えて整理をすることは有効だろう。
一つが会社員でやっていた時の仕事のイメージを変えることなく、自分の能力を活かして独立してエンジニアの仕事を行い生計を立てていくというもの。
もう一つが、自分の技術的アイデアを形にするため事業を立ち上げて経営者になるというものだ。

別の言い方をすると、一生フリーエンジニアでやっていくという目標と、社長になるという二つの目標があるということだ。
この二つには基本的には優劣はないが、どちらの目標を持っているかによって、独立後にやるべきことが変わってくるため、自分はどちらの目標持ち、独立後にどんなことをするべきかよく理解しておく必要があるだろう。

まず一生フリーでやっていくことが目標の場合は、事業の継続を優先させるために、自分の能力開発と収入確保のバランスを上手くとりながら、あまり大きなリスクを取らず、個々の案件に参加し確実に稼ぐための能力を常に磨くといった心構えが必要かもしれない。

一方、社長になることが目標の場合は、どこかでリスクをとってでも勝負をかけるタイミングきた場合に、それを逃さない覚悟と度胸が必要だろう。
技術者としての能力も大切ではあるが、リスクを回避するばかりではなく、チャンスを活かすための経営者としての決断力や判断力を磨く努力を惜しまないことが大事になるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です